人によって投資の際に気を付けている事は違うかもしれません。それでも最低限必要な情報を知っておくことで、勝率は大幅に変わってきます。

  • ホーム
  • オプトロムのような企業に投資とローンの返済

オプトロムのような企業に投資とローンの返済

日本円

投資をしてローンの返済を少しでも楽にしようと、考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、銘柄選定を間違ってしまうと返済どころか逆に損をしてしまって、投資に回すお金をそのままローンの返済に回せばよかったということになりかねません。

オプトロムはセントレックス市場に上場する銘柄でしたが、長いことボロ株という状態になっていました。
ボロ株というのは企業としての価値が少なく、株価が非常に低く放置されている銘柄のことであり企業としての魅力はない代わりに株を買い集めやすく1円の値上がりであっても大きな利益を出しやすいことから投機家たちに好まれる銘柄となっていました。

例えば普通の企業の株を1万株購入するというのは普通の人には難しいものです。
オプトロムのように上場廃止が決まる前の段階で株価が10円前後を推移している銘柄であれば10万円あれば1万株を購入することができますから、個人であってもそれほど無理な金額ではありません。
1円でも上昇すればそれだけで1万円の利益が出ることになりますから、少額の資金であっても効率よく利益を出すことができます。

しかし、これはあくまでも上手く行った時の話でありすでに企業としての価値の無い株ですから、逆に動けばあっという間に10万円を溶かしてしまう恐れもあるのです。
そして、実際にオプトロムは反社会性力などとの関わりや多数の虚偽の開示によって、上場契約違反等の理由で上場廃止になってしまいました。
上場しているということだけが、企業としての価値だったオプトロムが上場廃止になってしまうと全くの無価値になってしまいます。
そのため最終的には1円の値しかつかず1円ですら売れ残るような状態だったため実質的に紙くずになってしまったということなのです。