人によって投資の際に気を付けている事は違うかもしれません。それでも最低限必要な情報を知っておくことで、勝率は大幅に変わってきます。

  • ホーム
  • フマキラーと京セラの最近の株価などの投資情報

フマキラーと京セラの最近の株価などの投資情報

一万円

2015年、日本の株式相場はおおむね堅調に推移しました。
日経平均株価は年間で10%程度上昇しましたし、個別株の中にも上昇で1年を終えた銘柄が多かったため、株の取引で利益を確保できた投資家も少なくありませんでした。
ではここで、2015年の年間騰落率がプラスで終わった銘柄を2つピックアップし、その後の株価推移にも注目してみましょう。

まずは東京都千代田区に本社を置く化学メーカー、フマキラー株式会社です。
2015年の最初の取引で369円という始値からスタートしたフマキラーの株価は、この年の最終取引日に499円という終値を付け、1年の取引を終えました。
年間の騰落率はおよそ35%のプラスでした。
その後、2016年最初の取引で502円という始値を付けると、数週間は500円前後で横ばいに推移します。

しかし、1月下旬以降、力強い上昇が始まります。
多くの銘柄が下落で推移する中、フマキラーは2月上旬に705円という高値を記録しました。
これは現時点で、2016年における最高値です。
2016年3月15日現在の株価は648円です。年初からこの時点では、約29%の上昇です。

では次に、京都市に本社を置く電気機器メーカー、京セラ株式会社に注目します。
2015年の最初の取引で5,518円という始値を付けた京セラ株は、この年の最後の取引日で5,654円という終値を付けて1年を終えました。
年間騰落率は約2.5%のプラスです。
その後、2016年の最初の取引では5,564円という始値が付きます。

しかしその後は下落基調で推移し、2月10日には4,415円という年初来安値(昨年来安値)を付けるまでに下落します。
ほどなくして5,000円台を回復し、2016年3月15日現在の京セラの株価は5,099円となっています。
年初からこの時点で、およそ8%の下落です。