人によって投資の際に気を付けている事は違うかもしれません。それでも最低限必要な情報を知っておくことで、勝率は大幅に変わってきます。

  • ホーム
  • 東光の予想を利用しての投資について

東光の予想を利用しての投資について

日本円

東光の株価の動きを見てみると、長期移動平均線は緩やかに上昇を続けていることがわかります。
短期移動平均線がその上下を変動していますが、投資家はチャートの動きに合わせるように売買していることがわかります。
大きく値が乖離する局面では、自立的に値を戻す動きを見せています、そのような中でも株価は理論値に近づいていることにより、東光の業績を反映させていることが分かります。

予想株価を挟んで上下動しているので、投資活動も行いやすい状況と言えます。
つまり予想株価を上回れば買われ過ぎと判断されて利益確定が行われ、逆に下回れば売られ過ぎと判断されて買いが集まる動きを見せています。
業績も堅調に推移しているので安心して保有することができます。
長期保有することも安心なので、予想株価を大きく下回った時に買い進めておくのもひとつの手段となります。

ただし短期移動平均線が長期移動平均線を下に抜けるようなことがあれば、株価の動きが反転したと判断することもできるので注意が必要となります。
業績は堅調ですが、人気化しても買われ過ぎることもあまり無いので大きな利益を狙うことは難しいものです。
けれどもリスク管理もしやすいので、大きく損失を出すようなこともあまり無いものです。
日足が短期移動平均線の上にある間は安心して保有を続けることができますが、この支持線を下に抜くようなことがあれば利益確定を考える必要があります。

含み益があれば、分割して購入する場合とは異なり一気に全て売却するのもひとつの手段です。
その後さらに上昇するようであれば、改めて購入しても良いものです。
値動きに合わせて相場の動きに合わせるように操作することが大切です。